ニュース一覧

気を付けるべき病害虫

バラ

注意しないと枯れてしまう

育て方の難しい上級者向けの花という印象があるバラですが、意外と丈夫で育て方のコツさえ掴めば初めてでも綺麗に咲かせる事ができます。ただバラの栽培では、病害虫によって被害を受ける可能性が大いにあります。せっかく正しい育て方をしていても、病害虫のせいで枯れてしまっては元も子もないので、事前にしっかりと知識を得ておきましょう。バラの病気として一部を挙げると、黒点病やうどん粉病、灰色カビ病などがあります。黒点病は葉の表面に黒点が出来て落葉してしまう病気で、地中に潜む細菌によって発生します。うどん粉病もよく発生しますが、こちらは葉の表面に白い斑点ができます。この斑点はカビの胞子で、放っておくと光合成に支障をきたして枯れます。灰色カビ病もカビが原因の病気で、花や葉に染みのような斑点が発生して、やがて灰色のカビに覆われて枯れてしまう病気です。いずれの病気も、伝染性の病気なので、感染した葉や花は早めに取り除く必要があります。害虫としては、多くの植物にとって害虫となるアブラムシの他、カミキリムシやコガネムシの仲間に注意しましょう。カミキリムシは成虫は枝を、そして幼虫は根元から株内に侵入して幹の内部を食害します。幼虫による被害は見た目では分かりにくく、知らないうちに枯れてしまう可能性があります。コガネムシは成虫が柔らかい花や葉を、幼虫は根を食べます。カミキリムシもコガネムシも、成虫は見つけやすいサイズなので発見次第駆除しましょう。またバラの株元を確認して、小さな穴と木くずを見つけたら中にカミキリムシの幼虫がいる可能性が高いです。この場合は殺虫剤を注入して駆除するか、針金で穴をついて幼虫を出してください。害虫はともかく、病気はバラが弱っていると発生しやすくなります。健康な育て方をしていれば発生はある程度防げるので、栽培についての知識もより深めるようにしましょう。

Copyright© 2018 バラの育て方のポイント【水やりと肥料が重要】 All Rights Reserved.