庭

見積書を書かすこと

芝刈りの業者を依頼するときは、事前に見積書を書かせることです。相場に反していないかチェックすることと、見積書通りに依頼をこなすかチェックするためです。この2つがクリアされていれば、次の芝刈りのときも依頼してもいいでしょう。

ニュース一覧

庭

素敵な場所にするには

自分の庭をキレイに手入れしたいなら造園ができる業者に依頼するようにしましょう。造園ができる業者は様々な要望にこたえており、理想通りに仕上げる実力を持っています。価格もリーズナブルなので、トータルで依頼する人は多いです。

芝刈り機

きれいな芝生を維持する

芝刈りはきれいな芝生を維持するのに欠かせない作業ですが、これらは定期的に行う必要があります。芝刈りを定期的に行える人は自身で行うことも可能ですし、きれいな芝生を作るといった満足感を得ることもできますが、時間がない場合には芝刈りを業者に依頼するのも手段です。

切り株

家の庭を綺麗にする

埼玉にある一戸建て住宅の庭の木々の伐採や芝生の手入れを業者に依頼する場合は、事前に見積もりをきちんと取得します。木々の太さや高さ等により金額が変わるからです。専門業者に依頼すれば、綺麗な庭が出来上がりますし、ガーデニングを行っている人ならそのアドバイスもくれます。

バラ

気を付けるべき病害虫

バラの病気としては黒点病やうどん粉病、灰色カビ病などがあります。これらは伝染性の病気なので、感染した葉や花は早めに取り除きましょう。害虫としてはカミキリムシやコガネムシは、バラを枯れさせる可能性があり注意が必要です。病気は弱っていると発生しやすいので、健康的に育つように、育て方を工夫しましょう。

水と肥料が大切

バラ

肥料を与えるタイミング

バラは育てるのが難しいと言われることがありますが、ポイントさえ押さえておけば育て方はそれほど難しくありません。育て方のポイントは水やりと肥料にあります。土が乾燥しすぎてもバラは枯れてしまいますが、常に土が湿った状態でも根腐れを起こして枯れてしまいます。土の表面が乾燥したら、水やりをするタイミングです。また、「肥料食い」と言われるほどたくさんの肥料を必要としますので、植え付け時はもちろん、追加でもたっぷり与えていくことが育て方のコツになります。肥料にはさまざまなものがありますが、バラ専用を選びましょう。バラを育てるのに必要な肥料を過不足なく与えることができます。庭に植えているバラの場合、一番花が咲いた後に化成肥料や液体肥料を与えます。次の花をきれいに咲かせてくれるでしょう。四季咲きのバラは、夏ごろに追肥を行います。そして冬にも追肥を行いましょう。これは翌年1年間元気に育つための養分となります。鉢植えの場合、土の量が少なくそれだけ養分が少ない状態ですので、肥料をきちんと与えるようにしましょう。月に1回は肥料を与えるのがおすすめです。花が咲いた後にも与えると良いでしょう。ただし、肥料は必ずパッケージに記載されている量を参考にして、与えすぎないように注意してください。適切なタイミングで適量の肥料を与えるのが、バラの育て方の基本です。与えすぎると葉が大きくなりすぎたり、元気がなくなったり、花がすぐに咲き終わったりといった事が起こります。

Copyright© 2018 バラの育て方のポイント【水やりと肥料が重要】 All Rights Reserved.